Welcome to my blog

レオとナナと私と家族

 本当にさよなら

レオの火葬が終わりました。


自宅まで来てくれて、


2時間ほどかけて火葬をし、


お骨拾いをし、お参りをして


自宅にはいりました。



先代犬のロンちゃん、


エイミーちゃんは


北海道動物霊園で執り行ないましたが


今回はナナもいるので


自宅まで来てくれる、移動火葬。




良かったです。


とても丁寧にお話し


してくださり、骨壷の大きさも


選ぶことが出来ました。


壊したくないので


大きな壺をお願いしました。



来春、我が家のお墓地区にある


動物霊園に埋葬しようと思います。








昨日はもう、レオの様子は


感じられなかった。


天国へ歩き始めたかもしれません。




ただ、レオが火葬車に入り、


扉を閉め終わるまでの2時間ほど


気がおかしくなったように


ナナは暴れました。


今はおとなしく、私の横に


いますが、しばらくは


ナナの様子をきちんと見てあげないと


いけないなと痛感しました。



そして、ちょっとだけブログは


お休みします。


これから、ナナの為に犬のごはんに


ついていろいろ


調べたいと思います。



良い情報があれば


皆さん教えて下さい、


宜しくお願いしますm(._.)m









動物病院の先生は


「はっきり言って、自分達も


犬の食べ物については


勉強していないんです。」と


若先生は正直に言って下さいました。


獣医として、動物栄養学みたいなものは


勉強しても多分短期間なんでしょう。



人間の食べ物も本当にめちゃくちに


なっているのが現状です。






企業は売り上げ中心


食べる人間のことは


ほとんど考えていないんです。


だから、原価の安い、石油から作る


添加物を大量に入れているのです。





ただ、小さなお店等は


昔ながらの製法で作っている所が


多いです。


それを確かめる確かな目と知識を


養わないといけないなと、


レオちんが教えてくれた気がします。





突然の事で皆さん


びっくりされたかと思います。



けど、家族共々元気です。



お空を見上げて、レオにお別れを…。



さよなら


そして


ありがとうレオちん












2 Comments

sanae  

ひぃさんへ♪

ナナはホントに見てるだけで、辛かったです。
「なんで?なんで?レオがあの中に入るの?」と大きな目を開けて、私達に訴えかけていました。
それから、ホントにしばらくの間体毛は短くなる、はりのないくすんだ色になり、レオの大きさを実感しました。
その後、大好きな次男が家を出て、益々ひどくなり…、
だから、私は家族を家庭を一番に考えないと、と今年になり、痛感したのです。
今日は次男が1週間帰ってきたので、なんかホッとした様子です。ホッとしてウトウトしてます。
犬との時間は大切ですね〜〜
いろいろありがとうございます😊

2017/05/08 (Mon) 19:14 | EDIT | REPLY |   

ひぃ  

ナナちゃん、やっぱり(T ^ T)
アノンを火葬するときの安太郎が同じ状態でした。
何だか思い出して涙・・・。

2017/05/08 (Mon) 07:42 | EDIT | REPLY |   

Add your comment