Welcome to my blog

レオとナナと私と家族

 私の夢と未来への階段

私の小さなころからの夢は「看護婦さん」でした。

ものごころついた幼稚園の頃からの夢でした。

幼稚園の頃は白い服への憧れ
小中学生の頃は注射への憧れ
高校の時は人を助けたいという気持ちから、
看護婦から看護師へ

時代の流れから名前も変わっていきました。
ナイチンゲールの伝記を読んでますますその気持ちは強くなっていきました。


けど、どこで道を間違ったのか、
いつのまにか違う道を歩きはじめました。
まるで手探り状態の迷った猫のように。。。




なーーーんて、おとめチックに書いてみましたが。。。
多分、看護師になっていたら
日本にはいなかったような気がします。
うん、多分
きっと青年海外協力隊に志願し、看護師として働いていたんでないかい???


夢を抱く事が出来なくなっている今の子供たち
時代の流れなのか、寂しい限りです。
日曜日、長沼のイベントにちょっと遊びに行った時の光景
お父さんと子供がロビーで座っていました。
私の見た限りでは5人の子供たち

その子供たち全員
ゲームに夢中。。。

下向いて。。。

なんなんだ、この光景
それもめがねかけてる子3.4人。。。

溜息が出る光景でした、
それが悪いという訳ではないけど、
その光景は大人たち、私たちが原因なのではないのか?と痛感

夢を持つことはきっと将来の自分に繋がっていると思うんです。
小さな頃からの夢を叶える為に・・・


夢を叶えた
我が家の長男ソウ
今日から、青森に向かっています、
今は多分、船の上

緊急消防援助隊北海道隊として

人の為に一心不乱に働くことの出来る仕事だと思っています。
先輩方に迷惑かけないように頑張ってほしいですね、

あーーーっきっと私が男だったら。。。
消防士になっていたかもーーーーっ
あーーーーーっ私も消防車に乗ってみたーーい


IMG_2917m.jpg




0 Comments

Add your comment