Welcome to my blog

レオとナナと私と家族

 奨学金は借りたらダメ!!!

今日は
奨学金の話



字の通り、学ぶお金を推奨します。。。。
そんな意味かな?
高校3年になれば進学の方向を決めなくちゃいけません。
今の時代、だいたいのお子さんは大学、短大、専門学校へ進みます。


私が短大時代は年間50万ほどだったと聞きました。
しかし、今の私立大学は学部にもよりますが、年間100〰120万
1年目は入学金も入れると150〰160万ほどです。
子供が生まれた当初はまったくお金もないし、貯金もないし
大学でどのくらいの費用がかかるなんて、知らずじまい


私は奨学金を借りれるなら、借りて大学へ行かせたいと安易な考えで借りて
長男は大学へ行きました。


借りる時は、
いい制度だな、なんてちょっと思ったりして〰

けど、返済は4年後すぐやってきます。
借りた金額も大きかったので、毎月の返済額も若者には
厳しい世界そのものです。

一度だけ、入金が遅れ、育英会から電話がかかってきました。
これまた、電話に出た私には話せないのいってん張り
息子は仕事、主人も仕事でいないのに、私には話せない。

はーっ

仕方ないけど、不思議な制度

結局は主人に取次ぎでき、話をしたが
2回目の入金が遅れると、別な会社に集金がいきますので
おきお付けくださいと。。。。

別な会社とは、ぞくに言う
「取り立て屋」のようです。

育英会も金貸し
借りてわかる、実態であります。
こんな話を聞いて、だまっていられん!!!
一生懸命パパさんと私も働きました。


うん、長い前置きでしたが、ここからが本題
二男の時は、これまた、がっこうでの募集時のこと
何度も聞く二男

「うちは借りなくていいの?」

「うん、借りない」

「大丈夫?」

「大丈夫」

「ほんとに?」

「ほんと」


二男曰く
学校の友人ほとんどが奨学金を借りる手はずをとっていたので
自分は大丈夫か心配だったのだと、

うん、20年お母さんがかけていた保険が満期でいい時期に下りるし、
学資保険もあるし、足りない分はこれから貯めるから大丈夫よと話をしました。







そして、今、奨学金の返済ができない子供たちがかなり多く
育英会の副会長というよく知らない方が
少し前に会議で話していました。

「奨学金を借りて返済できないならば、期限付きで自衛隊に入れて給与を渡しそこから
返済すれば・・・・・・・」という内容の話があったそうです。
政府も前向きだと。。。。。。。。。。
アメリカと同じですね、


可愛いこどもたちの命を
どういう気持ちでそんな話をするのか?
わけがわからない。。。。
そんな奴ら
死んでもしにきれないだろうな、と
いい死にかたしないだろうな、と

まぁ、それは私のぼやきなのでスルーしてください。

これからの日本を担う
子供たちを守るのは私たち大人の役目です。
絶対にそんな法律ができないようにしないといけないと
思った内容でした。

瀬戸内寂聴さんが言っていましたね。


「人のために生きなさい」って
いい言葉です。



IMG_4737.jpg

パパさん撮影

上手上手

2 Comments

sanae  

ひぃさんへ♪

なかなか大変ですよね〰v-393
というか、日本で借りている子供たちの将来が
心配です。
どうすることもできず、そのような情報を聞いて
何だ何だ!と頭にくるだけなんですが
少しでも良い情報があった時はブログに載せねばと思っています。

2015/10/22 (Thu) 18:20 | EDIT | REPLY |   

ひぃ  

ウチの場合、今はCollegeで安いところ優先で年間150位??
来年9月から編入で、何処かのUniversityに行くみたいですが・・
年間の授業料だけで、なんと400~600万ですって(+_+)
州立大学ですよ・・・。

アメリカでは大卒が少ない訳です。
返還扶養義務の無い奨学金を受けるらしいです・・
詳しい話は12月に一時帰国してからです。

2015/10/22 (Thu) 14:56 | EDIT | REPLY |   

Add your comment